わたしのニキビケア

みんなが気になるニキビの話

にきびが出来たときのメイクグッズのお手入れについて

   

Greyerbaby / Pixabay

ニキビが出来てしまったら、正しい洗顔やスキンケアを心がけたり、甘いものや脂っこいものを控えたりと、いろいろと注意したいことがありますね。
でもなかなかニキビが治らない、といった時には、メイクグッズが汚れていなどうかを確認してみましょう。
毎日使用するメイクグッズは、かなり汚れているもので、これを使用することでニキビを悪化させている可能性もあります。
ここでは、メイクグッズの汚れ、お手入れ方法をご紹介ますので、参考にして下さいね。

メイクグッズの汚れはニキビの原因にも!

毎日使っているメイクグッズのなかでも特に気をつけたいのがファンデーションを塗る時に使用するパフです。
皆さんは、このパフのお手入れをきちんとしているでしょうか。
毎日同じものをお手入れもしないで使っている人は、かなり雑菌が繁殖しています。
見た目では汚れの程度というのはあまり分からないものですが、実はトイレの床などよりも汚れが酷いというから驚きですね。

そんな雑菌だらけのパフを使ってファンデーションを塗っているのだから、いくらスキンケアや食事などに気をつけていたとしてもニキビが良くならないのですね。
ファンデーションの専用パフは、ファンデーションをお肌に塗る際に、肌の皮脂などを吸収するので、それを栄養分としてさまざまな雑菌がパフの中で繁殖してしまうのです。
お手入れしないパフを毎日使っていると、ニキビや肌荒れの原因になってしまうのは当然ですね。

ファンデーションの専用パフは、いつも密封されたコンパクトのなかに入っています。
これはニキビの原因となるアクネ菌が繁殖する好条件が揃っています。
パフ自体には栄養となる皮脂がたくさんありますし、酸素を嫌うアクネ菌にはとても良い環境と言えるのです。

メイクグッズのお手入れ方法

ニキビ肌にこんな状態のパフでメイクをして、ニキビが悪化させないためにも、定期的なお手入れが必要です。
しかし実際には、1ヶ月以上はそのまま使用している、あるいは、洗ったことがない、という人も多いようです。
汗をたくさんかく夏場であれば、毎日洗っても良いですし、最低でも1週間に1回はパフを洗って清潔な状態を保つようにしましょう。

では専用パフのお手入れ方法ですが、まず市販で専用の洗剤が販売されているので、それを購入しましょう。
専用の洗剤を使用すれば、パフに負担をかけることなくスピーディに汚れを落とすことができますし、抗菌効果もあります。
専用の洗剤をパフに適量乗せたらやさしく押し洗いして、ボウルに貯めた水ですすぎましょう。
ボウルの水が濁らなくなるまでしっかりすすいだら陰干しをして、しっかりと乾燥させましょう。

また、肌に使用したときに、硬さやごわつき感があれば、交換の目安です。
ニキビ肌でなくても、毎日使うパフは清潔なものを使いたいですね。

 - 未分類