わたしのニキビケア

みんなが気になるニキビの話

にきびはストレスがたまると出来やすくなる?

   

lannyboy89 / Pixabay

大人ニキビの原因は様々な理由があります。
スキンケアを徹底してみても、食事に気を付けてみても、何をやってもなかなかニキビが治らない、といった方はストレスが原因かも知れません。
ニキビはストレスがたまってしまうとできやすくなるのですが、ここでは現代人の多くが抱えているストレスの原因について説明します。
主に、心理的なストレッサーと物理的なストレッサーがありますので、心あたりがないかチェックしてみて下さいね。

心理的なストレッサー

心理的なストレッサーは、人間関係でのトラブルや仕事などの悩みなどで、多くの人がこの心理的なストレスに晒されているのではないでしょうか。
心理的なストレスが過剰に溜まってしまうとカラダにも悪影響が出来てきます。

ではニキビとこの心理的なストレスには、どんな関係があるのかと言うと、自律神経に関係してきます。
自律神経には、交感神経と副交感神経系があって、リラックス状態では副交感神経が優位になります。

逆に緊張した状態、つまり、心理的なストレスを感じている状態では、交感神経が優位になります。
交感神経が優位になることで、アドレナリンなどと同時に男性ホルモンの一種であるテストステロンが分泌されやすくなります。
このテストステロンは、皮脂分泌を促進する作用があり、皮脂性を引き起こしやすくなるので、ニキビができやすくなるというわけです。

物理的なストレッサー

物理的なストレッサーとは、急激な温度変化や騒音、他にも満員電車に乗ることなどが挙げられます。
急激な温度変化には、夏場の冷え過ぎたクーラーなどのエアコンによるものもありますが、季節の変わり目で、朝晩の気温の差が激しいことなども挙げられます。
自然の気候変化さえも、それが急激であれば、物理的なストレスになるのです。

物理的なストレッサーとは、精神的に不快な状態にさせる、物理的現象のことです。
心理的なストレッサーと同様に、この物理的ストレッサーも自律神経のバランスを崩します。
心理的なものにしろ、物理的なものにしろ、交感神経が優位になることで、男性ホルモンが多く分泌されるようになるので、皮脂が過剰に分泌されやすくなるのです。
さらに男性ホルモンには、お肌を固くする作用もあります。
過剰な皮脂と、固い皮膚によってニキビが発生しやすくなるのですね。

ストレスとは、心理的なものや温度変化などの物理的なものによって自律神経のバランスを崩すものです。
自律神経を安定させることがニキビ対策にもなるわけです。
十分な睡眠、適度な運動、趣味を楽しむこと、さらに寒い時期には羽織るものを用意したりなどについて気をつけてみて下さいね。

 - 未分類